「ほっ」と。キャンペーン

地球交響曲(ガイアシンフォニー) 龍村仁事務所の公式ブログです
by jtatsumura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
ナイノア・トンプソン氏か..
from ホクレア号、西へ向かう
誕生日オメデトウ
from のほほん日記 the sec..
地球交響曲第六番上映会 ..
from さおたんのしっぽ
チベット仏教
from 縄文の風、たましいのこえ
earth
from Coffee, Cigare..
賛同!ダライラマと直接対..
from 草島市議会日記
龍村仁監督講演会「すべて..
from 土に還る前に
地球交響曲 第六番
from Art in Kochi
ボクネンさんとナイノア
from さおたんおきなわんblog
ホクレア基金からまず20..
from 航海カヌーマニアmania ..
リンク
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ホクレアがつなぐ見えない糸
c0061000_6571613.jpg

カメハメハスクールってご存知ですか。
ハワイ人の子どもたちのための学校で、ナイノアさんも理事を務めており、ハワイの伝統と歴史を受け継ぎ学びながら、自然を保護する活動も積極的に行っています。
このカメハメハスクールの高校生が、1週間、群馬県沼田市に滞在し、今日帰国しました。
実は、ホクレア基金のボランティアスタッフとして通ってくださっているYさんが、先日、日帰り春スキーを堪能しに、群馬県の某スキー場へ出かけたところ、このカメハメハスクールの学生たちが、ゲレンデで雪遊びをしているところに偶然にも遭遇。
声を掛けたところ、カメハメハスクールの子どもたちだったということで、びっくり。
沼田市は毎年、カメハメハスクールと学生の交換交流を行ってきたそうです。
学生たちはそれぞれホストファミリーのお宅にお世話になりながら、日本体験をしているとのこと。
このご縁は、ホクレアの導きに違いないと思い、ホクレアのTシャツをハワイへのお土産に渡したいと申し出てみました。先生から快諾をいただき、早速今日、Tシャツ21枚を抱え、東京駅へ。
沼田から電車で東京駅に到着し、バスに荷物を置いて東京見物、そのあとまたそのバスで成田に向かうということでしたので、東京駅のバスターミナルで彼らに会いました。

皆、「ホクレア~!」と喜んでくれ、記念写真をパチリ。
Tシャツとともにお手紙も渡しました。手紙には、「まもなくホクレア号が日本に来ること。
このTシャツはホクレア号の航海を応援するために作られたこと、私たちはナイノアさんの活動を尊敬していること、ハワイの伝統と文化を未来へつないでいってください」というようなことを書きました。

数日前からホクレア号には、カメハメハスクールの高校生がクルーのひとりとして乗ったそうです。
ホクレアがつなぐ見えない糸。日本でも物語はすでに始まっています。
c0061000_6575044.jpg

[PR]

by jtatsumura | 2007-03-31 23:49 | ホクレア基金
ホクレア号番組のお知らせ “幸せの星”に導かれて
“幸せの星”に導かれて ~伝統航海カヌー・ホクレア号 日本へ~
BSフジ  3月31日(土) 18:00~18:55

日本航海に挑むハワイの古代式帆走カヌー「ホクレア号」の訓練航海に密着取材。
自然界を読み取って進む伝統航海術「スターナビゲーション」ほかを紹介!


【番組のみどころ】
1976年以来、10万マイル(16万km)を超える航行距離を誇る、ハワイの古代式帆走カヌー「ホクレア号」。「幸せの星」を意味するホクレア号は、2枚の帆を持つ、全長約19メートルのカヌーである。羅針盤もコンパスも使わず、星や月、太陽、風などの自然環境のみを海の道しるべとする伝統航海術「スター・ナビゲーション」により運航されている。
番組では今春日本航海に挑むホクレア号の訓練航海を密着取材。
その伝統的航海術の紹介をはじめ、ハワイの歴史的背景や日系移民の歴史・文化を紹介する。
出演は現在ハワイを本拠地としてフリーダイビングの日本記録を持つ女優・高木沙耶と
これまでのウクレレ音楽の概念を大きく変え、日本でも幅広い人気を獲得しているハワイのウクレレ奏者・ジェイク・シマブクロ。
今の日本が忘れかけている「自然を敬い、共存する知恵と勇気」を再認識したい。
http://www.bsfuji.tv/top/index.html
[PR]

by jtatsumura | 2007-03-30 11:49 | ホクレア基金
「地球交響曲」上映情報
≪「地球交響曲」上映情報≫

*詳細は主催者に直接お尋ね下さい。
*この記事はどうぞご自由に転載・転送ください。

【第三番】
●4月1日(日)
<場所>大阪・大阪市立難波市民学習センター
<お問い合わせ>090-1483-3939 近藤
[PR]

by jtatsumura | 2007-03-29 10:19 | 上映会情報
Aloha Hokule'a ~希望と幸せを未来の子供たちへ~
ホクレア号についての知識を深め、航海の成功を祈り、来航をお祝いしましょう!

【開催概要】
●「地球交響曲第三番」ナイノア・トンプソン篇上映
●龍村仁監督のトークショー
●クムフラ・サンディーによるフラカヒコ「He Mele Keia No Hokule'a」
  ワークショップ  (ホクレア号の航海を讃え、日本来航を祝福する曲)

共催:サンディーズフラスタジオ/龍村仁事務所

収益は全額「ホクレア号航海2007基金」に寄付されます。航海が無事達成されるよう、お力をお貸しください。
*******************************************
【横浜】                    *定員に達しました
日程 : 4月22日(日) 受付17:00
会場 : BankARTスタジオNYK  新サンディーズフラスタジオ横浜
      横浜市中区海岸通3-9 BankARTスタジオNYK 内
       http://www.h7.dion.ne.jp/~bankart/
定員 : 40名
 17:00~  受付開始
 17:30~  ワークショップ開始(どなたでも受講可能です)
 19:30~  休憩15分
 19:50~  龍村仁監督によるミニトークショーと地球交響曲第三番(ナイノア篇)上映
 20:30~  終了

*******************************************
【原宿】                    *定員に達しました
日程 : 4月27日(金)  受付18:30
会場 : サンディーズフラスタジオ原宿校(渋谷区神宮前2-19-13-B1)
      http://sandii.s168.xrea.com/studio/modules/tinyd0/index.php?id=7
定員 : 50名
 18:30~  受付開始
 19:00~  ワークショップ開始(どなたでも受講可能です)
 21:00~  休憩15分
 21:15~  龍村仁監督によるミニトークショーと地球交響曲第三番(ナイノア篇)上映
 22:00~  終了
***************************************************
事前申込み制です。参加希望の方は、サンディーズフラスタジオ
(tel:03-5775-4044 or e-mail: hulastudio@sandii.info) までお申し込みください。受付番号を発行するとともに、詳細をご連絡いたします。男性の方も大歓迎。

●参加料: 4000円 (定員になり次第締め切らせていただきます)
       〔特典〕ホクレアに関してのニューズレターとステッカーを後日送付致します。
       *既に「ホクレア号航海2007基金」に参加の方は2000円。
[PR]

by jtatsumura | 2007-03-26 12:17 | ホクレア基金
沖縄からの情報です
ホクレアの日本への入港地、沖縄での予定が発表されました。
下記、URLにて詳細をご覧ください。

入港歓迎セレモニーは4月21日に予定されています。

http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=65&id=13999&page=1

こうして自治体から発表されるといよいよだなと身も心もひきしまります。
基金がどれだけお役にたてるかわかりませんが、引き続き、皆様の思いを募りたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by jtatsumura | 2007-03-23 23:09 | ホクレア基金
ホクレア基金 立ち上げの経緯
いよいよ23日にホクレア基金のチラシが出来上がります。
モンベルの全店舗にてチラシを置いてくださることになりました。
現在の募金状況は以下のURLにてお知らせしております。郵便振替口座なので、私どもの手元に通知が届くのが入金日より数日遅れるため、日にちが少し遅くなっておりますが、通知が届き次第、情報を更新しております。

http://gaiasymphony.com/hokulea2007_bokin.html

さて、基金の立ち上げの経緯についてお知らせします。
皆様もお感じなっていらっしゃった通り、ホクレアが日本に向けて出航したものの、日本でどういうふうに迎えるのかなどの情報がいまいちつかみにくく、また、私どもへは、「地球交響曲第三番」のナイノア・トンプソン篇の上映会をできないかという問い合わせをいくつかいただいておりました。
そこで、何か私たちにお手伝いができることはないかとハワイ州政府観光局をお訪ねし、現状を伺いました。
こちらからも様々な質問をさせていただきました。とても丁寧に状況をお知らせいただきました。
その結果わかったことは、寄港予定地では、各自治体が中心になって実行委員会を立ち上げようとしているとのことでした。
そこで、宿泊など滞在に関する協力、交流会などのお世話は自治体がなさるのですかと伺ったところ、そのための予算などは、ハワイ州観光局が責任を持つことになるということでした。
ハワイ州観光局はすでにPVSに対し、大きな資金支援をしておりますが、それでも足りないらしく、追加で、財団などにあらためて協力を要請するつもりだというお話でした。
そこで、それはそれとして、少しでもそのお役にたてるのならとこの基金の設立を申し出たという次第です。
ですからこの基金は、ハワイ州観光局からの要請ではなく、有志による自発的なものです。

この基金がなければ20名近いホクレアのメンバーの1ヶ月近くに及ぶ日本の滞在費が成立しない、というわけではありません。
でも、私たちひとりひとりがホクレアの航海の無事を祈っているということを、日本へ来てくれるということへの尊敬の念と敬意を、「基金」という形にして、届けたいと思いました。
ホクレアへの思いを、イベントという形で表すことも各地の有志たちの手により、計画されています。そういうイベントへの思いと基金の思いは一緒だと思っております。

また、ハワイ州観光局では、Tシャツ販売によるホクレア支援を行っております。
そのためのTシャツをたくさん作りましたが、まだそのTシャツもあるということで、時間もあまりないことから、ハワイ州観光局のTシャツを買ってもらうという支援とともに、直接的な支援となる基金を別途、立ち上げたという次第です。

基金はすべてハワイ州観光局にお渡しいたします。この運営にかかる費用は全てボランティアにて行っております。

現在、寄港地の受け入れ先は、ほぼ決定し、各方面で準備に入っております。おそらく各自治体でもボランティアの力を必要としていると思います。
情報を整理して、皆様にお届けできるようにしたいと思います。

さて、ホクレアが日本に来ること自体に、疑問符を投げかける方もあるかと思います。
そんな思いを受けても、なぜホクレアは日本にくるのか。
そのことを皆様とこれから少しづつシェアしてゆけたらと思っております。

ブログには長い文章は似合いませんので、今日はここまでとします。
読んでいただきありがとうございます。不明な点、質問、率直なご意見、なんでもお聞かせください。
(文責 龍村ゆかり)
[PR]

by jtatsumura | 2007-03-23 03:09 | ホクレア基金
「地球交響曲」上映情報
≪「地球交響曲」上映情報≫

*詳細は主催者に直接お尋ね下さい。
*この記事はどうぞご自由に転載・転送ください。

【第五番】
●3月24日(土)
<場所>沖縄・今帰仁村コミュニティホール
<主催>(株)アイランドプロジェクト
<お問い合わせ>0980-56-1128 大石

【第一番】
●3月24日(土)
<場所>愛媛・松山市総合コミュニティセンター
<主催>愛媛すぴこん
<お問い合わせ>090-1483-3939 近藤
[PR]

by jtatsumura | 2007-03-22 11:52 | 上映会情報
ホクレア航海 支援イベント  【アースデイ湘南2007】 
ホクレア号航海の支援に関するイベントをご紹介していきます。
掲載を希望される場合、ご連絡下さいますようお願い致します。
また、チラシの配布のご協力をお願い致します。


アースデイ湘南2007 オープニングパーティ 『Aloha Hokule'a』

古代ポリネシアの遠洋航海カヌーを復元した「ホクレア号」が計器類を一切つかわない伝統航海術、スターナビゲーションでハワイからミクロネシアを経由し日本にやってきます。ホクレア号の紹介と、自然との共存の大切さをトークとライブで・・・。

日 時 : 4月27日(金) 開場18:00 開演18:30  
入場料 : 1,500円
会 場 : 神奈川県立かながわ女性センター ホール(江ノ島)
       (藤沢市江ノ島1-11-1)
●トーク&ライブ   〔出演〕 Half Moon  Temiyan  Halko
  Half Moon・・・湘南の波の音、風の音に平和のメッセージをのせて歌う。
  Temiyan・・・・・湘南のライフスタイルを歌う、浜辺のシンガーソングライター
  Halko・・・・・・・・地球交響曲第三番でハワイ語の浜辺の歌を歌う。


チケット購入・イベント詳細はこちら
http://www.earthday-shonan.org/event/aloha.html
[PR]

by jtatsumura | 2007-03-19 16:47 | ホクレア基金
「地球交響曲」上映情報
≪「地球交響曲」上映情報≫

*詳細は主催者に直接お尋ね下さい。
*この記事はどうぞご自由に転載・転送ください。

【第五番】
●3月18日(日)
<場所>北海道・東川町農村環境改善センター・大ホール
<主催>ガイアネットワーク 大雪
<お問い合わせ>090-6217-2207 池田

【第一番】
●3月18日(日)
<場所>石川県西田幾太郎記念哲学館
<主催>石川県西田幾太郎記念哲学館
<お問い合わせ>076-283-6600 石川県西田幾太郎記念哲学館

●3月18日(日)
<場所>広島・Cafe Nohohon(のほほん)
<主催>NPO法人 おたがいさま横丁
<お問い合わせ>090-4899-1207 山下
[PR]

by jtatsumura | 2007-03-14 14:05 | 上映会情報
ホクレア号航海支援のお願い
c0061000_1539240.jpg
「地球交響曲」第三番に故星野道夫と共に出演したハワイの英雄ナイノア・トンプソンが、あの、古代遠洋航海カヌー「ホクレア号」で、いよいよ日本にやって来ます。
ハワイからミクロネシアを経て日本列島に至る、この大航海はナイノアの長年の夢でした。3歳の頃から、海との付き合い方を日系2世のヨシオ・カワノさんから教わったナイノアは、その恩返しの想いと、数千年前に南太平洋から北米アラスカまでを繋いだ、環太平洋海洋民族の魂を21世紀に甦らせるために、この大航海に乗り出したのです。星に導かれ、波を読み、風の伝言に耳を傾けながら目的地に向かうこの旅は、21世紀の子供達へのナイノアからの贈物です

この壮大なプロジェクトを達成させるために私たちは、航海の安全を祈り、日本国内滞在を支援することを目的とした「ホクレア号航海2007基金」を立ち上げます。
この基金は、ホクレア号の乗組員が日本国内で活動するための資金として使われます。
ぜひともナイノアの熱い志を多くの皆様の手でご支援くださるようお願い申し上げます。

*ホクレア号はミクロネシアへの航海の後、4月から6月にかけて日本に到着する予定。寄港場所は、沖縄(糸満)、熊本(宇土)、長崎、福岡、山口(周防大島)、広島、愛媛(宇和島)、横浜の予定です。
航行距離:6,959マイル(約11,200キロ)、航海予定日数74日間。


ハワイ州観光局公認「ホクレア号航海2007基金
【発起人】
龍村 仁
龍村ゆかり
海部宣男(天文学者、前国立天文台ハワイ観測所所長)
渡部潤一(国立天文台情報センター長)
加藤晃生(翻訳家、ホクレア・ブログ翻訳、立教大学非常勤講師)
【世話人代表】
杉原三智子
【所在】
新宿区新宿2-2-1-1307有限会社龍村仁事務所内

ホクレア号航海2007基金〔呼びかけ人〕
名嘉睦稔(版画家)
佐藤初女(森のイスキア主宰)
Halko(ミュージシャン)
C.W.ニコル(作家)
後藤明(南山大学教授)
海部陽介(国立科学博物館教授)
辰野勇(日本カヌー連盟理事/モンベル社長)
星野直子(星野道夫事務所)
北山耕平(作家/翻訳家)
宮里裕司(沖縄県座間味村議員/シーカヤックガイド)
西岡正三(『ターザン』編集部)
洲澤育範(カヤックビルダー)
サンディー(シンガー/クムフラ)
湯川れい子(音楽評論家、作詞家)
拓海広志(海洋エッセイスト、オフィス☆海遊学舎主宰)
宮本亜門(演出家)
藤崎達也(NPO SHINRA代表)
稲本正(オークヴィレッジ代表、工芸家、作家) 
小黒一三(『ソトコト』編集長)
野崎ゆりか(ハワイ島在住 著述家)
永井巧(湘南アウトリガーカヌークラブ ディレクター)
早見優(歌手)
中嶋朋子(女優) 
               ※順不同

「ホクレア号航海2007基金」への参加方法

目標金額 500万円

2000円以上の任意の額を下記口座へお振込みをお願いいたします。
郵便振替口座番号  00140-4-539612
口座名称       ホクレア号航海2007基金


現在の募金総額は龍村仁事務所ホームページにてご確認いただけます。


〔特典〕
○ホクレア号航海2007のオリジナルステッカーを全員に差し上げます。
c0061000_18541615.jpg





○ホクレア号航海の情報をお届けします。
○5000円以上のご寄付をいただいた方には、ホクレア号航海2007オリジナルTシャツ(定価2,100円)を差し上げます。郵便振替用紙にご希望のサイズ、色のご記入をお願いいたします。(数に限りがあるため、ご希望に添えない場合はご連絡いたします)

※Tシャツは終了しましたので、ご了承ください。

c0061000_18544818.jpgc0061000_1855454.jpgc0061000_18551485.jpg





色:ホワイト・ネイビー・グレー  サイズ:S/M/L/XL
*Mサイズ全色、及びグレーLサイズは完売いたしました

○その他、ホクレア号乗組員との交流会やシンポジウム、ワークショップなど決まり次第ご案内をお送りいたします。

※「ホクレア号航海2007基金」は、プロジェクト終了と同時に締め切ります。

●Tシャツを購入し、ホクレア号航海を支援する方法もあります。詳細は下記のハワイ州観光局のサイトをご覧下さい。
ハワイ州観光局
http://www.gohawaii.jp/hokulea2007/index.html

●ホクレア号、及びナイノア・トンプソンについて詳細をお知りになりたい方は、下記のホームページをご覧下さい。
ポリネシア航海協会(PVS)
http://pvs.kcc.hawaii.edu/2007voyage/index.html
ホクレア号航海ブログ
http://hokulea.aloha-street.com/
ホクレア号の現在地
http://tornos.cocolog-nifty.com/blog/voyage/voyage2007-1.html
c0061000_19101794.jpg
              写真提供:ハワイ州観光局
[PR]

by jtatsumura | 2007-03-13 13:32 | ホクレア基金