地球交響曲(ガイアシンフォニー) 龍村仁事務所の公式ブログです
by jtatsumura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
ナイノア・トンプソン氏か..
from ホクレア号、西へ向かう
誕生日オメデトウ
from のほほん日記 the sec..
地球交響曲第六番上映会 ..
from さおたんのしっぽ
チベット仏教
from 縄文の風、たましいのこえ
earth
from Coffee, Cigare..
賛同!ダライラマと直接対..
from 草島市議会日記
龍村仁監督講演会「すべて..
from 土に還る前に
地球交響曲 第六番
from Art in Kochi
ボクネンさんとナイノア
from さおたんおきなわんblog
ホクレア基金からまず20..
from 航海カヌーマニアmania ..
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ホクレア基金( 34 )

ホクレア号アロハシャツのご案内
ホクレア号日本航海1周年記念として、ハワイ州観光局より、ホクレア号プリントのアロハシャツが紹介されました。
昨月3月27日に起きたナイノア宅火災のお見舞金として、売上の一部(600円)がナイノア・トンプソンご夫妻に送金されます。別途寄付をご希望の方は、寄付も一緒に受付けます。
お申込方法など、詳しくは下記をご覧下さい。

ホクレア号アロハシャツのご案内
http://gaiasymphony.com/hokulea_aloha.html

※ご注文締め切りは4月11日(金)となります。
[PR]

by jtatsumura | 2008-04-04 18:53 | ホクレア基金
ホクレア号日本航海のドキュメンタリー番組放映
今年4月から6月にかけ、日本の8都市に寄港したハワイの伝統航海カヌー「ホクレア号」の航海ドキュメンタリーが、12月28日(金)にテレビ放映されます。
星だけを頼りに遥か太平洋をハワイから日本へと渡った一艘のカヌーの大航海を通して知る、遠く海を隔てつながれた人と人、結ばれた心と心の物語。そこには人間と自然の大切な関係、そして、知られざる日本とハワイの歴史がありました。地球環境の危機が声高に叫ばれた年の瀬、地球に生きるすべての人たちに贈るドキュメンタリー番組です。ぜひ、ご覧ください。


■ 番組タイトル: Aloha!未来 ~ハワイの心、ホクレア号日本へ~

■ 放映日時: 2007年12月28日(金) 昼11:30~12:30

■ 放映局: テレビ東京系列 全国6局ネット
(テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、TVQ九州放送、テレビ北海道、テレビせとうち)


「ホクレア号航海プロジェクト」
ハワイ語で「幸せの星」と名づけられた伝統航海カヌー「ホクレア号」は、紀元1100年頃にタヒチからポリネシア人がハワイに上陸したときに使用した双胴船を、アメリカ建国200周年記念プロジェクトの一環として再現したものです。古代ポリネシア人は、太平洋に点在する島々、そしてハワイを海図もコンパスも使わずスターナビゲーション(星、月、太陽、風、海鳥などを参考に移動する航海術のこと)を用い、カヌーで往来していたとされています。ホクレア号キャプテンのナイノア・トンプソンは、西洋化によって失われかけたハワイの伝統文化やアイデンティティの確立、異文化交流などを目的に、ミクロネシア経由の日本航海を決定しました。
今年1月19日にビッグ・アイランド(ハワイ島)を出発、ミクロネシアの島々を経由して、4月24日に沖縄入り、その後、熊本、福岡、山口(大島)、広島、長崎、愛媛に寄港し、6月9日最終寄港地横浜にて無事航海を終えました。ハワイ~横浜までの総航海距離は約13,386キロにおよびます。


ホクレア号航海プロジェクト www.gohawaii.jp/hokulea2007
[PR]

by jtatsumura | 2007-12-25 18:28 | ホクレア基金
ホクレア号のドキュメンタリー番組
「ホクレア号」の日本初航海の模様、各寄港地での人々との触れ合いなど、
日本とハワイを結んだ一大プロジェクトの記録をまとめた番組です。
ナイノアに海を教えた「カワノ・ヨシ」氏のルーツも探ります。必見です。

「ホクレア号日本航海 光の海道~ハワイからの贈りもの~」  

日時:9月16日(日) 夜8時00分~8時55分
放送:TVK(テレビ神奈川)
製作:テレビ新広島
[PR]

by jtatsumura | 2007-09-15 12:11 | ホクレア基金
ホクレア号日本航海プロジェクト 記念シンポジウム
ホクレア号が拓く未来への航路
「ハワイから日本へやってきた古代式カヌー」


●日時 : 7月29日10:00〜17:00
●会場 : 東京海洋大学 越中島会館講堂(東京都江東区越中島2-1-6)
●入場 : 無料/予約不要/定員400名

【第1部】 10:00〜 「南太平洋の人と文化とその起源」
ポリネシア考古学をその創始期からリードしてきた篠遠喜彦(ビショッ プ博物館)、南太平洋のカヌー文化を専門とする後藤明(南山大学)、人類進化史を研究する海部陽介(国立科学博物館)の各講師が、南太平洋の人々の起源・歴史・文化について解説します。

【第2部】 13:30〜 「ホクレア号日本航海を振り返って」
ホクレア航海を実現させた当事者たち、クルーの内野加奈子、側面支援を行った海洋ジャーナリスト内田正洋とプロセーラー西村一広、そして ホクレア号ナビゲーターのナイノア トンプソン(予定)らに、今回の航 海体験について語ってもらいます。

【第3部】 15:00〜 パネルディスカッション
              「ホクレア・スピリットを未来に活かし続けるには」

上記の各氏以外に「地球交響曲」の龍村仁監督や、各寄港地での歓迎イベント、教育プログラムに携わった方々からの声を交え、ホクレア来航の意義を問い直し、私たちがこの体験を未来にどう活かすべきかを考えます。


主 催:東京海洋大学  
共 催:ホクレア寄港地教育・科学イベント支援委員会
後 援:龍村仁事務所、国立科学博物館、国立天文台、海洋博覧会記念公園管理財団、全国科学博物 館協議会、独立行政法人航海訓練所、日本船舶海洋工学会、日本オセアニア学会、日本人類学 会、日本国際理解教育学会、立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科

●問合せ先:東京海洋大学社会連携推進共同研究センター越中島オフィス
TEL. 03-5245-7501  東京海洋大ホームページ
http://www.kaiyodai.ac.jp/Japanese/index.html

下記ポスターをご入用の方にお送り致します。龍村仁事務所までご連絡下さい。

[PR]

by jtatsumura | 2007-06-29 14:09 | ホクレア基金
ホクレア号の航海の意義
■ナイノア・トンプソン講演会
「ホクレア号の航海の意義~何を伝えたいのか」

日程 : 6月16日(土) 13:00~15:00
会場 : JICA横浜体育館(1F)
定員:約500名

伝統航海術「スター・ナビゲーション」を受け継いだナイノア・トンプソンによる
講演会が行われます。ハワイから1万キロを渡り航海してきた彼らが
私たちに何を伝えたいのか、日本までの航海の過程などスライドを交えながら
行われる講演会。彼らの生の声に耳を傾け、そのメッセージを受け止めてください。


■ホクレア号日本航海記念イベント「One Ocean, One People」
日程 : 6月16日(土) 16:00~18:30
会場 : 大さん橋ホール(大さん橋国際客船ターミナル内)
出演:エイミー・ハナイアリイ、Adrian K. Kamali'i、Brad Cooper(予定)
入場料:無料(申込みは不要)

ホクレア号の横浜出港前夜に行われるこのイベントは、
誰でも入場可能。クルー達と一緒にこの記念すべき航海をお祝いしましょう!!
ホクレア号クルーの参加はもちろん、エイミー・ハナイアリイほかハワイから来日する
エンターテイナーによるステージも予定されています。
ハワイ州知事リンダ・リングル氏も来場予定です。


■スペシャルトークショー「祝星 ホクレア号のおはなし」
日程 : 6月16日(土) 18:00~20:00
会場 : BankART Studio NYK(2Fパブスペース)
出演 : 内田正洋(海洋ジャーナリスト) 
ゲスト: ホクレア号クルー、ヤーミー(予定)
定員:約50名

<内田正洋 Profile>
海洋ジャーナリスト。昭和31年生まれ。1982年から1991年までパリ・ダカール・ラリーに参戦。第4回大会で3冠に輝く。1987年からシーカヤックの世界へ。関野吉晴氏のグレートジャーニー最初のサポートクルー。日本レクリエーショナル・カヌー協会理事。ホクレア日本航海伴走船カマヘレ号クルー。


■ホクレア号横浜寄港記念シンポジウム テーマ「ホクレア号に学ぶ」
日程 : 6月17日(日) 13:00~16:00
会場 : 大さん橋ホール(大さん橋国際客船ターミナル内)

○シンポジスト(予定)
内野加奈子氏 (写真家、ホクレア号クルー)
荒木汰久治氏 (プロ・オーシャンアスリート、ホクレア号クルー)      ほか
[PR]

by jtatsumura | 2007-06-15 14:30 | ホクレア基金
ホクレア号の入港式など
『地球交響曲 第五番・第六番』のスチールカメラマンである宮崎雅子さんが
ホクレア号を追い、取材しています。
寄港地での素敵な交流をブログで紹介してます。
http://blog.so-net.ne.jp/m-miya/

ホクレア号のクルーがPVSサイトで紹介されています(全員ではありません)。
http://pvshawaii.squarespace.com/display/ShowGallery?moduleId=600535&galleryId=47057
[PR]

by jtatsumura | 2007-06-11 16:47 | ホクレア基金
ホクレア号は明日9日、横浜へ!
本日、6月8日で東京都写真美術館での「地球交響曲第六番」ロードショーが
終了します。龍村仁監督のトークショーが13:15の回にあります。

そして、明日いよいよホクレア号が横浜へやってきます。
下記はHalf Moon の琢磨ご夫妻のサイトより。ホクレア号の最新情報です。
明日9日には、龍村監督によるホクレア号入港記念特別講演会
「未来の子供たちへの贈り物」が、JICA横浜で15:00からあります。

--------------
併走船カマヘレに曳航されてホクレア号は7日午後10時に三崎のマリーナ「うらり」に入港しました。神業的な接岸テクニックは感動!クルーの緊張感が伝わってきました。クルーが船上でのお祈りを終えたあたりから表情が和み始め、バースに次々と降り立つ頃には穏やかな空気が満ちあふれていました。ホクレアのナビゲーターのブルース、カマヘレのキャプテン、マイク、そして内田さんに花束をプレゼント!あちこちに楽しいパーティーの輪が広がりました。目の前にあのホクレアがその美しい姿を静かに休めている...本当に感動が体の中からじわじわとわき上がってきます。上空の雲が切れ、沢山の星が輝き始めていました。
Aloha Hokule'a MAHLO NUI!!!
8日は朝9時にうらりを出航、10時~11時の間に七里ヶ浜に到着予定です。
ぜひみんなでお迎えし 、今は亡きタイガー・エスペリさんに感謝と哀悼の心を届けましょう。そしてホクレア号とカマヘレ号のスタッフとの素晴らしい出会いとなりますように!
--------------

ホクレア号航海の時間は、天候等により変更がありますのでご了承下さい。
[PR]

by jtatsumura | 2007-06-08 07:01 | ホクレア基金
ホクレア号入港記念講演会
■ホクレア号入港記念講演会 「未来の子供たちへの贈りもの ~ ホクレア」
  (『地球交響曲第三番』ナイノア・トンプソン篇上映あり)
  ナビゲーター:龍村仁
  6月9日(土) 15:00~17:00
 
■『地球交響曲第三番』 ナイノア・トンプソン篇 上映会(34min.)
  6月10日(日)~17日(日)※16日(土)を除く
      ①12:00~ ②14:00~ ③16:00~

場所:JICA横浜 海外移住資料館(横浜市中区新港2-3-1)
    ℡:045-663-3251 (代)
<アクセス>  みなとみらい線 馬車道駅から万国橋、サークルウォークを通り徒歩8分
         みなとみらい線 みなとみらい駅から国際橋を通り徒歩10分
<開館時間> 火曜日~日曜日 10:00~18:00(入館は17:30まで)*月曜休館

*申込不要で、先着順となります
[PR]

by jtatsumura | 2007-06-04 20:10 | ホクレア基金
ホクレア号、横浜でのイベントについて
6月9日 12:00 ホクレア号が横浜港に入港予定!
横浜港周辺の4つの会場でイベントを開催。
各イベント会場はいずれも徒歩5分程度で移動ができます。
詳細はヨコハマ・シーサイド・フェスティバル連絡協議会のサイトをご覧下さい。
基本的にはいずれも事前申込みは不要です。
ヨコハマ・シーサイド・フェスティバル連絡協議会


*ホクレア号基金にご賛同の皆様に、ニューズレターを6月4~6日にお届け致します。
  変更が箇所がありますので、ご注意下さい。
 ①「要申込み」のものは、申込み不要となりました。(基本的にすべて先着順です)
 ②内田正洋氏のトークショーは9日から16日に変更、観望会は16日のみになります。
 ③JICA横浜での特別企画展(パネル展)は、事情により中止となりました。
 ④『地球交響曲第三番』 ナイノア・トンプソン篇上映会  
   6月10日(日)~17日(日)※16日(土)を除く ①12:00~ ②14:00~ ③16:00~

各イベント詳細はヨコハマ・シーサイド・フェスティバル連絡協議会のサイトをご覧下さい。
[PR]

by jtatsumura | 2007-06-01 21:46 | ホクレア基金
ホクレア号に関する番組のお知らせ
●『幸せの星”に導かれて ~伝統航海カヌー・ホクレア号 日本へ~』放映決定
(テレビ新広島制作)
明日、6月2日(土)15:00~ TVK(テレビ神奈川)にて放映されます。
http://www.tvk-yokohama.com/oshirase/bangumi.html#hokrea

【番組のみどころ】
1976年以来、10万マイル(16万km)を超える航行距離を誇る、ハワイの古代式帆走カヌー「ホクレア号」。「幸せの星」を意味するホクレア号は、2枚の帆を持つ、全長約19メートルのカヌーである。羅針盤もコンパスも使わず、星や月、太陽、風などの自然環境のみを海の道しるべとする伝統航海術「スター・ナビゲーション」により運航されている。
番組では今春日本航海に挑むホクレア号の訓練航海を密着取材。
その伝統的航海術の紹介をはじめ、ハワイの歴史的背景や日系移民の歴史・文化を紹介する。
出演は現在ハワイを本拠地としてフリーダイビングの日本記録を持つ女優・高樹沙耶と
これまでのウクレレ音楽の概念を大きく変え、日本でも幅広い人気を獲得しているハワイのウクレレ奏者・ジェイク・シマブクロ。
今の日本が忘れかけている「自然を敬い、共存する知恵と勇気」を再認識したい。
[PR]

by jtatsumura | 2007-06-01 18:45 | ホクレア基金