「ほっ」と。キャンペーン

地球交響曲(ガイアシンフォニー) 龍村仁事務所の公式ブログです
by jtatsumura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
ナイノア・トンプソン氏か..
from ホクレア号、西へ向かう
誕生日オメデトウ
from のほほん日記 the sec..
地球交響曲第六番上映会 ..
from さおたんのしっぽ
チベット仏教
from 縄文の風、たましいのこえ
earth
from Coffee, Cigare..
賛同!ダライラマと直接対..
from 草島市議会日記
龍村仁監督講演会「すべて..
from 土に還る前に
地球交響曲 第六番
from Art in Kochi
ボクネンさんとナイノア
from さおたんおきなわんblog
ホクレア基金からまず20..
from 航海カヌーマニアmania ..
リンク
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007年 03月 23日 ( 2 )

沖縄からの情報です
ホクレアの日本への入港地、沖縄での予定が発表されました。
下記、URLにて詳細をご覧ください。

入港歓迎セレモニーは4月21日に予定されています。

http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=65&id=13999&page=1

こうして自治体から発表されるといよいよだなと身も心もひきしまります。
基金がどれだけお役にたてるかわかりませんが、引き続き、皆様の思いを募りたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by jtatsumura | 2007-03-23 23:09 | ホクレア基金
ホクレア基金 立ち上げの経緯
いよいよ23日にホクレア基金のチラシが出来上がります。
モンベルの全店舗にてチラシを置いてくださることになりました。
現在の募金状況は以下のURLにてお知らせしております。郵便振替口座なので、私どもの手元に通知が届くのが入金日より数日遅れるため、日にちが少し遅くなっておりますが、通知が届き次第、情報を更新しております。

http://gaiasymphony.com/hokulea2007_bokin.html

さて、基金の立ち上げの経緯についてお知らせします。
皆様もお感じなっていらっしゃった通り、ホクレアが日本に向けて出航したものの、日本でどういうふうに迎えるのかなどの情報がいまいちつかみにくく、また、私どもへは、「地球交響曲第三番」のナイノア・トンプソン篇の上映会をできないかという問い合わせをいくつかいただいておりました。
そこで、何か私たちにお手伝いができることはないかとハワイ州政府観光局をお訪ねし、現状を伺いました。
こちらからも様々な質問をさせていただきました。とても丁寧に状況をお知らせいただきました。
その結果わかったことは、寄港予定地では、各自治体が中心になって実行委員会を立ち上げようとしているとのことでした。
そこで、宿泊など滞在に関する協力、交流会などのお世話は自治体がなさるのですかと伺ったところ、そのための予算などは、ハワイ州観光局が責任を持つことになるということでした。
ハワイ州観光局はすでにPVSに対し、大きな資金支援をしておりますが、それでも足りないらしく、追加で、財団などにあらためて協力を要請するつもりだというお話でした。
そこで、それはそれとして、少しでもそのお役にたてるのならとこの基金の設立を申し出たという次第です。
ですからこの基金は、ハワイ州観光局からの要請ではなく、有志による自発的なものです。

この基金がなければ20名近いホクレアのメンバーの1ヶ月近くに及ぶ日本の滞在費が成立しない、というわけではありません。
でも、私たちひとりひとりがホクレアの航海の無事を祈っているということを、日本へ来てくれるということへの尊敬の念と敬意を、「基金」という形にして、届けたいと思いました。
ホクレアへの思いを、イベントという形で表すことも各地の有志たちの手により、計画されています。そういうイベントへの思いと基金の思いは一緒だと思っております。

また、ハワイ州観光局では、Tシャツ販売によるホクレア支援を行っております。
そのためのTシャツをたくさん作りましたが、まだそのTシャツもあるということで、時間もあまりないことから、ハワイ州観光局のTシャツを買ってもらうという支援とともに、直接的な支援となる基金を別途、立ち上げたという次第です。

基金はすべてハワイ州観光局にお渡しいたします。この運営にかかる費用は全てボランティアにて行っております。

現在、寄港地の受け入れ先は、ほぼ決定し、各方面で準備に入っております。おそらく各自治体でもボランティアの力を必要としていると思います。
情報を整理して、皆様にお届けできるようにしたいと思います。

さて、ホクレアが日本に来ること自体に、疑問符を投げかける方もあるかと思います。
そんな思いを受けても、なぜホクレアは日本にくるのか。
そのことを皆様とこれから少しづつシェアしてゆけたらと思っております。

ブログには長い文章は似合いませんので、今日はここまでとします。
読んでいただきありがとうございます。不明な点、質問、率直なご意見、なんでもお聞かせください。
(文責 龍村ゆかり)
[PR]

by jtatsumura | 2007-03-23 03:09 | ホクレア基金