地球交響曲(ガイアシンフォニー) 龍村仁事務所の公式ブログです
by jtatsumura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
ナイノア・トンプソン氏か..
from ホクレア号、西へ向かう
誕生日オメデトウ
from のほほん日記 the sec..
地球交響曲第六番上映会 ..
from さおたんのしっぽ
チベット仏教
from 縄文の風、たましいのこえ
earth
from Coffee, Cigare..
賛同!ダライラマと直接対..
from 草島市議会日記
龍村仁監督講演会「すべて..
from 土に還る前に
地球交響曲 第六番
from Art in Kochi
ボクネンさんとナイノア
from さおたんおきなわんblog
ホクレア基金からまず20..
from 航海カヌーマニアmania ..
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映画 「アースearth」
映画 「アースearth」

2008年1月に公開されるノンフィクション映画「アース」を見てきました。
北極から南極まで、地球をカメラ目線で旅する壮大なストーリーです。
1秒間に2000フレームの撮影ができる超ハイスピードカメラ(実は地球交響曲第六番でも使用しているのですが)や撮影技術、壮大な製作費と撮影日数、そして制作スタッフの過酷な撮影地での粘りに、ついに地球は、その真の美しさをあらわにしたかのよう。
動物や自然のドキュメンタリー好きの私は、大抵の映像は見ていますが、この「アース」から迫りくる映像は本当に圧巻。
ホッキョクグマが冬眠から目覚めるシーン、カリブーの大群を襲う狼、空を覆いつくす渡り鳥・・・。アフリカの乾季の砂嵐の中、水場を求めて行進する砂漠象の群れ。
その象を襲うライオンたちとその息づかい。
地球を舞台に、自然のなかで繰り広げられているドラマ。今までかつて出来なかったカメラワークが、見るものを未知なる世界へと誘います。

今の私達は、月周回衛星かぐやから送られてきた美しい地球の映像に感動し、その地球で繰り広げられる命のドラマを、どこにもいかずに見ることが出来る時代に生きているわけですが、この青くて美しい地球のなかで、私たち人間も生かされている存在なのだということに気づくのは、なかなか難しい。つい、自分の命と、自然界の命、地球は、つながりあっているのだということを忘れがちです。
「アース」の壮大で美しい映像をぜひ見てください。子ども達(インナーチルドレンでもいいです)と一緒に映画館に足を運んでください。ひとりでも多くの人に「アース」を見て欲しいと思います。
そして、そのあと、「地球交響曲」を思い出してくれたら、もう一度、「地球交響曲」を見て欲しいと心から思うのです。(プロデューサー龍村ゆかり)
[PR]

by jtatsumura | 2007-11-25 17:39 | 試写室
<< 「地球交響曲」上映情報 クリスマスギフトパック 予約受... >>