地球交響曲(ガイアシンフォニー) 龍村仁事務所の公式ブログです
by jtatsumura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
ナイノア・トンプソン氏か..
from ホクレア号、西へ向かう
誕生日オメデトウ
from のほほん日記 the sec..
地球交響曲第六番上映会 ..
from さおたんのしっぽ
チベット仏教
from 縄文の風、たましいのこえ
earth
from Coffee, Cigare..
賛同!ダライラマと直接対..
from 草島市議会日記
龍村仁監督講演会「すべて..
from 土に還る前に
地球交響曲 第六番
from Art in Kochi
ボクネンさんとナイノア
from さおたんおきなわんblog
ホクレア基金からまず20..
from 航海カヌーマニアmania ..
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トヨタ白川郷自然学校 森からのメッセージ
c0061000_7152881.jpg

2007年2月24日、25日とトヨタ白川郷自然学校で、二日間にわたり、「第五番」上映と「第六番」特別試写会が行われました。
第五番のテーマは「全ての存在はつながっている」、第六番のテーマは「全ての存在は響きあっている」ですから、実は対になっているのです。
両方を見て、「全ての存在はつながり響きあっている」ということが感じられるのではないかと思います。

夜9時からは、オークヴィレッジ代表でこの自然学校の校長でもある稲本正さんと監督の対談が行われました。

「第六番」の上映後、稲本さんから大変貴重なお話を伺いました。
「第六番」には、メープルシロップを楓の木から抽出する小さな器具「スパウト」が出てきて、何か私たちにメッセージを伝えるのですが、それが何かは課題でした。

稲本さんは自称「メープルシロップフリーク」なのだそうです。
楓(メープル)の木は、一日の気温差が0度をはさんで、5度変化したときにしかシロップを出さないそうです。ですからシロップをだす時機は1年のうちのこの2月くらいなのだそうですが、温暖化の影響で、気温差がなくなるとシロップを出さなくなるのだそうです。
最近は、真空ポンプで無理やりシロップを抽出する輩もでてきているそうです。

「スパウト」は森からのメッセージ、だったようです。

c0061000_1240315.jpg

[PR]

by jtatsumura | 2007-02-26 07:31 | 地球交響曲第六番・撮影ひとコマ
<< 「地球交響曲」上映情報 「地球交響曲」上映情報 >>