「ほっ」と。キャンペーン

地球交響曲(ガイアシンフォニー) 龍村仁事務所の公式ブログです
by jtatsumura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
ナイノア・トンプソン氏か..
from ホクレア号、西へ向かう
誕生日オメデトウ
from のほほん日記 the sec..
地球交響曲第六番上映会 ..
from さおたんのしっぽ
チベット仏教
from 縄文の風、たましいのこえ
earth
from Coffee, Cigare..
賛同!ダライラマと直接対..
from 草島市議会日記
龍村仁監督講演会「すべて..
from 土に還る前に
地球交響曲 第六番
from Art in Kochi
ボクネンさんとナイノア
from さおたんおきなわんblog
ホクレア基金からまず20..
from 航海カヌーマニアmania ..
リンク
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ダライ・ラマ法王のことば
11月10日両国国技館で行われたダライ・ラマ法王東京講演に行ってまいりました。
演題は「やさしい心 健康と幸福の鍵」。チベット仏教の話ではなく、ひとりの人間として、最近、科学者である友人たちから聞いたお話をします、という前置きから始まったダライ・ラマ法王のお話。
この世には子育てをしない種、サケとかカメとか、蝶とかあるが、人間という種や哺乳類、鳥などは他者の愛情を受けなくては生きていけない存在であり、とくに人間は3歳くらいまではひとりでは生きていけない、助けを必要とする存在である。これが人間という種の本質なのではないか、お互いがお互いを慈しむやさしさや思いやりの種は、人間は生まれながらに皆にそなわっているもので、それを深い愛情で育み、教育でもやさしさや思いやりこそ大切なのだということを諭していかなくてはならないのではないか。
他者のために良いことをしたという満足感を得ることが、人生を生きる意義なのではないか。
人の心に変容をもたらすには時間がかかる。学び、得た知識を熟考し、心に取り入れ、心を慣らして行く、そして、そのことをいつのまにか自然にできるようになっている、長い時間がかかるが、継続して続けてゆく、忍耐を学ぶことも大切である。
そして、他者の幸せのために、働けば、あなた自身の心も真の幸福に満たされ、穏やかな心になれる、穏やかな心を育むことは、免疫機能を高め、健康につながるのです、というようなお話でした。
いつもの茶目っ気たっぷりのすてきな笑顔で、講演時間を大幅に伸ばし、会場からの質問に次々と丁寧にお答えしてゆかれるダライ・ラマ法王に魅了されっぱなしの東京講演でした。
[PR]

by jtatsumura | 2006-11-12 23:49 | オフィス通信
<< 「地球交響曲」上映情報 「地球交響曲」上映情報 >>