地球交響曲(ガイアシンフォニー) 龍村仁事務所の公式ブログです
by jtatsumura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
ナイノア・トンプソン氏か..
from ホクレア号、西へ向かう
誕生日オメデトウ
from のほほん日記 the sec..
地球交響曲第六番上映会 ..
from さおたんのしっぽ
チベット仏教
from 縄文の風、たましいのこえ
earth
from Coffee, Cigare..
賛同!ダライラマと直接対..
from 草島市議会日記
龍村仁監督講演会「すべて..
from 土に還る前に
地球交響曲 第六番
from Art in Kochi
ボクネンさんとナイノア
from さおたんおきなわんblog
ホクレア基金からまず20..
from 航海カヌーマニアmania ..
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ダライ・ラマ法王来日講演(4月9日国技館)
みなさまこんにちは。

朝に引き続いて、また地震です。
事務所は13階にあるので、よく揺れます・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、先週土曜日にダライ・ラマ法王の来日講演が国技館でおこなわれました。
五千枚のチケットはすべて完売、世界中からプレスもつめかけ、非常な関心の高さを感じさせました。

法話のタイトルは「思いやりと人間関係」。
いつも法王が強調される、「人間の本性は慈悲である」ということについて、分かりやすい例をあげつつお話されました。
私たちにとって、この世界に平和をもたらす唯一の方法は、それぞれの心の中にある慈悲の心の種を育て、私たち本来の性質である愛と思いやりをもって周囲と接することであるそうです。

誰にとっても嫌いな人、許しがたい人はいるものですが、そういう人と向き合った時に少しでもこの精神を思い出すことができれば、確かに私たちは少し幸せに近づくことができるでしょうね。

最後の質疑応答で「私達が輪廻転生を繰り返しながら生きている意味はなんですか?」という問いに答えられて法王は、宗教間の融和につとめるお方らしく「輪廻転生について信じる信じないは宗教によって異なるところですが」と前置きをされた上で、「To be a warm-hearted person as much as you can(できうる限り心の温かい人間になること)」であるとおっしゃいました。
一見簡単そうに聞こえることだけに、その大切さと重みがとても身にしみました。
がんばってみよう!と心あらたにした高柳でした。

国技館にいらっしゃったみなさんのご感想をコメントしてくだると嬉しいです。

(文責:web担当 高柳)


=================================================
本ブログ上のコンテンツの無断転載を禁止致します
All Rights Reserved, Copyright(C) Jin Tatsumura office 2005
[PR]

by jtatsumura | 2005-04-11 16:51 | オフィス通信
<< 今週の「地球交響曲」上映情報 新宿御苑の桜中継 >>